ハテナソン hatenathon

こんにちは、当ブログ作成者のサトーケニチこと佐藤賢一です。ハテナソンは、一人一人の発想が尊重され、かつ民主的なルールのもとで質問をつくる取り組み、ワークショップなどのことを意味する造語です。人と人とがむすびつき、あらゆる場での学びがより豊かになること、そして人生がより豊かになることがハテナソンをおこなう目的です。このブログはさまざまな場で行っているハテナソンの方法や内容を記録し、好奇心・関心のあるひとの間で共有・情報交換することができればという願いをもち開設しました。よろしくお願いいたします!

ハテナソン共創ラボ公式ホームページ、リニューアルしました!(25 Feb 2021 )

www.hatenathon.com

ファシリテータ オンライン養成講座(3/20土開催)のご案内(22 Feb 2021)

https://peatix.com/event/1831421 2021年春季のハテナソン・ファシリテータ オンライン養成講座を3月20日(土)に開催いたします。修了特典のひとつに「修了後1年間のハテナソン・サポート」が新たに登場します。よろしければ、ご一緒ください〜! http…

アジア五カ国の大学生が問いづくりdeコラボレーション!(22 Feb 2021)

韓国、台湾、シンガポール、タイ、そして日本の大学生たちとオンラインで、先週木曜日(2月18日)の午後に問いづくりワークショップを行いました。これらの国々の4大学と京都産業大学とのコラボでいま実施中の「さくらサイエンスプラン」という科学技術振興…

夜な夜なハテナソン:短い振り返り(21 Feb 2021)

昨日まで開催していた計四日間の夜な夜なハテナソン、登録者数24、のべ参加者数34名とご一緒しました。オンラインでのアクティブブックダイアログと問いづくり・問い重ね、昨年9月に続く2回目でした。今回は前回と変えて1日1冊、計4冊を次から次へと読みま…

超学際研究と問いづくり?(17 Feb, 2021)

www.hanmoto.com 超学際研究の理論と実践についての新刊本に、ハテナソン実践の立場から寄稿させていただく機会に恵まれました。よかったらお手に取ってみてください。

夜な夜なハテナソン開催中〜です(17 Feb, 2021)

peatix.com

ハテナソン・ファシリテータ オンライン養成講座を開催します

peatix.com

オンライン夏の朝イチ ハテナソンを開催しました!(2020 Aug 15〜21)

毎朝、近くのコンビニで購入した読売新聞と京都新聞の朝刊をささっと斜め読みして、問いの焦点につかう記事を一つ選び、写真を撮って、パワポ(ワークショップでの説明用)とスプレッドシート(参加者の問いづくりワーク用)に貼り付けました。以下の写真は…

問いに対して、問いを重ねる。答えで応えるのではなく、問いで応える。

質疑応答(しつぎおうとう)という言い方があります。では、質疑応問(しつぎおうもん)というのは、いかがでしょう?問いに対して答えを見つけて応えることだけでなく、問いに対して、問いをさらに重ねるのです。ある問いがきっかけになって、新たな問いを…

オンラインGWハテナソンのご案内(27 Apr 2020)

深く潜っていました。そろそろ動き出したいと思っての久しぶりの投稿です。オンラインGWハテナソンをします!zoomを使って、その日のニュース記事(たとえばyahooニュースの記事)をお題(問いの焦点)にして、QFTで問いを交わし合いましょう、な企画です。…

今年もハテナソン、よろしくお願いします New year of 2020

問いづくりの遊び場 その1(28 Dec 2019)

きょうのquestion focus(問いの焦点)今の世代は「お金でも、出世でも」動かない。 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191227-00224379-diamond-bus_all ネットの記事からお題(問いの焦点)を引用させていただきました。みんなで時事問題で、わい…

ご案内:高校教員交流会でハテナソンセミナーを開催します

Facebook記事より www.consortium.or.jp

2019年11月のハテナソンツアー報告 その2

Facebook記事より

2019年11月のハテナソンツアー報告 その1

Facebook記事より

気になる気になる:質問力を磨くとは?をテーマに帝京大学で授業が行われてます

https://youtu.be/Xn6RpxkcJvo これはどういう授業なのか、YouTubeで毎週?紹介されるようなので、フォローします!西は京都産業大学ハテナソンセミナーと、大学の授業同士つながれるのかな。

ハテナソンセミナー2019(第2シーズン)第3回(8 Oct 2019)

第3回では、2030SDGs カードゲームで世界・社会をテーマとする問いづくりの学び場を導入します。

はじめてのファシリテーション 新刊図書のご案内

https://www.amazon.co.jp/はじめてのファシリテーション-鈴木康久/dp/4812219035/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=カタカナ&keywords=はじめてのファシリテーション&qid=1570752009&sr=8-1&fbclid=IwAR1ww8NdSaCX4GvPzpVvUyfM9J_Ad10Vn2fnz2JInBUklmZIZ_eVGpGZnJw 10…

ハテナソンセミナー2019(第2シーズン)第2回(1 Oct 2019)

関係づくりをテーマとする第1回目の続き。他己紹介シートの仕上げ作業とインタビュー相手への手渡し、ハテナソンセミナー受講の動機などについて語る伝言ワーク、よく見る・よく聴く・よく伝えるをテーマとするミニ講義、そして世界と社会・大学・わたしを…

ハテナソンセミナー2019(第2シーズン)第1回(24 Sep 2019)

まずは受講生同士の関係づくり。どこから来たかライン、問い集め、自己紹介、相互インタビューなどで、ほぐし合いました。 問い集めの様子 ハテナソンセミナー2019 第1回タイムライン *ハテナソンセミナーは、サトーケニチこと佐藤賢一が京都産業大学で担…

ハテナソンセミナー第2シーズン開講しました!(29 Sep 2019)

京都産業大学ハテナソンセミナー 第2シーズン(2019.9〜2020.1)予定表 今年も2クラス開講します。どちらも50人越えの受講生に恵まれました。さあ、何ができるか、何が学べるか、やってみよう。

気になるシリーズ:”問いを持つ”とはどういう過程を経るのか?と題する記事(29 July 2019)

note.mu 行動分析学の理論に基づいた、あいりさん(かってにさん付けで呼ばせていただいております。ご了承ください。)の論考です。どうして問いを持たなくなってしまうのか、という問いについて掘り下げられています。

気になる気になる:ハテナソンな記事発掘(28 Jul 2019)

質問にはあえて答えない、質問する学び手がもつ「何で?」が最大のヒントになる、という主旨のインタビュー記事です。恐竜を研究されている北海道大学の小林教授のお話。 news.yahoo.co.jp

洛西高等学校ホームページで、ハテナソン特別授業の様子が紹介されました!

2019年7月12日と16日の二日間に渡り、京都府立洛西高等学校の1年生(約280名)を対象とした「グローバルネットワーク京都」講演会の講師を、木村教授(京都産業大学生命科学部)との二人で務めました。その様子が同高校のホームページで紹介されました。 ht…

2019年3月に愛媛県松山市で開催したハテナソンセミナーの記事がEDUPEDIAで掲載されました!

先生のための教育事典EDUPEDIA(エデュペディア)で、2019年3月に愛媛県松山市で開催したハテナソンセミナーの記事がEDUPEDIAで掲載されました。しかも3回シリーズです! https://edupedia.jp/article/5cb7d605f6ac6c498c2d8ef5 https://edupedia.jp/articl…

ハテナソンワークショップが京都産業大学ボランティアセンターのホームページで紹介されました!

2019年5月8日に京都産業大学ボランティアセンター主催により開催されたワークショップ「はじめてのSDGs」の様子が同センターの公式ホームページで紹介されました。 https://www.kyoto-su.ac.jp/news/20190508_427_sdgs.html

ハテナソンワークショップが湯沢市ホームページで紹介されました!

2019年2月3日に湯沢市で開催したSDGs×問いづくりワークショップの様子が湯沢市の公式ホームページで紹介されました。 http://www.city-yuzawa.jp/machidukuri10/3243

問いストーリー#5 IN 霞ヶ関SENQ(21 Jun 2019)

6月21日(金)に東京霞ヶ関SENQで、カードゲームと質問づくり(Question Formulation Technique)を組み合わせてのSDGsハテナソンを開催しました。【実施共有008】カードゲーム+質問づくり SDGsハテナソン(問いストーリー#5)・日時・場所:2019/6/21(…

サイエンスキャリアアップセミナー@京都産業大学が実施されました(12 Jun 2019)

勤務先の京都産業大学で6/12水曜日に第1回サイエンスキャリアアップセミナーが実施されました。総合生命科学部3年生と大学院生命科学研究科1年生を中心とする100名超の受講生が産官学に精通した著名人2名のレクチャーを聴講する前半部と、受講生が「自ら…

京都府立桂高等学校での問いづくり特別授業(2019年5月20日実施)を同校ホームページで紹介していただきました

京都府立桂高等学校の桂リサーチプロジェクト(KRP) 1年生と、2コマ分の授業をご一緒してきました。SDGsをテーマとする問いづくりをとおして、探求学習のための課題発見力、課題可視化力を養う下準備となることを目的とした授業です。その様子が同校のホ…